ライトアップされた、夜のルクソール神殿が超魅力的だった!

シェアする

ルクソール神殿で初めてライトアップされた遺跡を見ました。



以前に紹介した、ピラミッドやアブ・シンベル神殿でも
ライトアップはされているのですが、時間が合わず見れなかったのです。

▼過去の記事はこちらから
ピラミッド観光

アブ・シンベル神殿観光

遺跡って昼間のイメージしかなかったのですが、
夜もとっても神秘的でオススメです!!

<スポンサードリンク>

まず突如、街中に巨大なライトアップされたものが見えてきます。
あまりにも都会の中に現れるので結構驚きます!!

▲こんな感じで、普通の道路沿いにあります。


▲神殿の入り口に向かうまで、馬車の勧誘がめちゃめちゃしつこい!
「ワンダラー、ワンダラー」
この言葉を何回聞いたかw

▲敷地内に入って、神殿に向かうまでの道

画質悪いですが、ここからなんか興奮させてきます!
夜ならではの雰囲気です。

見所①第一塔門とオベリスク

やっぱり一番の見所はここですかね。
▲第一塔門とオベリスク。

この大きい柱みたいなのをオベリスクと言うらしいです。

もともとは二本あったのですが、一本はフランスに寄贈されたみたいです。

二つとも揃っていたら、すごい迫力だったでしょうね!
ちなみに門にいるのはラムセス二世。
かつてのファラオ(王様)です。
そしてこの巨大なオベリスクを作らせたのもラムセス二世。

見所②ラムセス二世の中庭

そして進んでいくと、ラムセス二世の中庭笑。

▲もはや笑っちゃうレベルでラムセス二世です。

全部彼の銅像らしいです。
写真は一部で、まだまだいました。

見所③アメンテヘプ三世の中庭

そしてからのアメンヘテプ三世の中庭というところに出ます。


▲ここの雰囲気は、本当に幻想的。
確実にライトアップの効果でしょうね!

いつもとは全然雰囲気が違って、やられました!!

なんだかヨーローッパみたいな感じもしました。

▲光で浮かび上がるレリーフも綺麗です。

注意点

そしてここで注意点が。
この辺りにいかにもスタッフみたいな人が立っています。

その人が親切に、いい写真スポットがあるよって
ポイントに連れてってくれます。

その写真がこちら。


まぁ言うてもこの程度ですねw

奥に見えるのは今いる中庭と、さっきのラムセス二世の中庭をつなぐ
大列柱廊と呼ばれる、見所の一つではありますが、うん。て感じです。

で、そしたらいかにもスタッフ君が人差し指と親指をすりすりさせてきます。
こっちのお金の合図です。

いい写真スポット紹介したお礼は?ってやつです。
マジでやってらんねー!

連れて行かれてる時から、嫌な予感がしてたので、
ガン無視して去りました。

こーゆーところな!ってなりますよね。
基本的に素敵な人が多いのに、お前らのせいな!って感じでした。

まとめ

今回ルクソール神殿の昼間バージョンには入ってないので、
なかなか比較は難しいですが、ライトアップの神殿はとっても幻想的でした。

エジプトの中で、どこか一箇所はライトアップされている
遺跡を見て欲しいなと思います。

皆さんも良い旅をー!!

▼良ければポチっと宜しくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

<スポンサードリンク>