MAVIC PRO・Parrot SWINGの比較とドローン2台持ちをすすめるよ!


ドローンの購入を迷われている方、何を買おうか迷っている方、

たくさんのドローンが出ていて悩みますよね。
値段も様々だし、性能も様々だし、買っても使うかなーとか。

色んな考えが頭をよぎると思います。

そんなあなたにゴロウが納得のいくドローンライフのすすめと、
オススメドローンをお伝えして行きます。

個人的な主観もはいっていますが、

実際に使ってみての感想をもとにお伝えして行きますので、
みなさんのお役に立てることは間違いないです!

そして、今回はドローンの2台持ちのすすめについて
熱くお伝えして行きます。

<スポンサードリンク>

MAVIC PRO とParrot SWINGの2台持ちをおすすめする!

▲MAVIC PRO(左) とParrot SWING(右)

買うか買わないか迷っているのに、2台持ちって!?

って思われる方もいるかと思いおます。

そんな方はまずは1つ目のオススメ
練習用Parrot SWINGを押します!

そして、その理由もありますよ。

この記事を読み終わった時に、

あなたのドローンライフの一歩に役立てることを誓います!

 

 なぜ2台もちなのか?

携帯2台なら持ってる方もおおいだろう。
ゴロウもかけ放題のガラケーと、格安SIMの2台持ちだ。

じゃあ、なぜドローンの2台持ちをお勧めするのか?

それは、ドローンによって用途が違うからだ。

ボクは海や山で良い景色を撮りたいと思ったので、
本格的なものが欲しいと思った。

しかし、いきなり10万を超すようなドローンを買うのは
ハードルが高いように思う。

なので、まずは手軽なドローンを買い、それでとことん練習する。

そして、本格的なドローンを買う。

2台あったら、無駄になってしまうようだが、

1つは、場所にとらわれず、練習用としてできるドローン

2つめは、自分が求める本番用のドローン

この2台であなたのドローンライフは飛躍的に楽しくなっていくだろう。

実際1つ買ってみて、ハマらなければ、
2つめは買わなければ良いだけの話である。

実際、ゴロウも使っている、
練習用本番用のオススメ2台を紹介していくよ!

 

 

<スポンサードリンク>

 練習にParrot SWING、本番にMAVIC PRO

Parrot SWINGを練習用にあげる理由として、

①価格が安い割に、性能がしっかりしている

②200g以下の基準を満たしている。

③気楽にぶつけられる

以上の3つがある。

1つずつ解説していくよ!

①価格が安い割にしっかりしている

まず、ドローンを買う際に大事なのは値段だと思う。
いくらやりたいことがあったとしても、

未知なモノにポンっと10万20万出せる方はそんなにいないと思う。
(お金持ちの方は気にせずに買っちゃいましょう!)

そこで、今回お勧めするParrot Swing は

値段も約17000円とお求めやすい上に、

おもちゃの領域を超えたカメラ付きドローンだからです。

しかも、本格的なプロポ(コントローラー)も付いてくるんです!

ボクがこのParrot Swing をすすめる理由にも関係するのですが、

このプロポの操作性が、

MAVIC PRO などの本格ドローンと

操作性が似ているという点です!


▲左右にある、つまみの使い方が同じである。

また、つまみの弾力も似ているので、

どれぐらいの力でつまみを動かすと、
ドローンがどう動くか?

がとても似ている!

これはつまり、

手軽に練習していた技術が、

あとのドローンにも活かせるということです!

これは大きな利点ですね!

あとは動画は撮れませんが静止画は撮ることができます。

ちょっとした撮影ならできますので、お楽しみ程度なら良いかと思います。

②200g未満の基準を満たしている。

この200gって何ぞや?と思った方けっこういるのでは?

これは、航空法によって定められている重さです。

また、今度あげていきますが、

航空法はわりと細かいです。

なので、200g未満のドローンは遊びやすいんです。

国の重要施設の周囲300mが禁止。

重要文化座財の周辺も禁止。

プライバシーの侵害をしないこと

指定された公園では飛ばすことが禁止。

など、規則はいくつかあるのですが、

家の庭や、人気のない海や山、河川敷などなら気軽に飛ばすことができます

がんがん練習してドローンの操縦に慣れましょう。

それが上達への一番の近道。

③気軽にぶつけられる

 

ボクはParrot SWINGをプレゼントで頂きましたので、
こんな文章を書くこと自体はまちがってるのですが。

Tさんすみません。。

ただ、これって、すごく大事なことなんです。

人間や人様のモノにぶつけることはもちろん厳禁ですが、

ぶつけたくなくてもぶつかっちゃうんです。

屋根に乗せたくなくても乗っちゃううんです。

それが、ドローン初心者の通る道だと思うんです。

Parrotちゃんの羽を紛失した時の記事はコチラ!

では、もしこれが、翼も鋭く重さのある本格ドローンだったら。。。

10万のドローンを買った直後に水没させてしまったら。。。

想像しただけで、悪夢です。

そうならない為にも、事前のOKラインを自分で作るんです。

自動車学校で言う仮免を取ることと同じです。

OKサインが出たら、本番に移るんです。

そうすることで、自分も被害を最小限に押さえれますし、

他人への迷惑もかけずにすみます。

Parrot SWINGは羽が発布スチロールで、
羽も超がつくほど危険ではないです。

軽くぶつけても大丈夫なParrot SWINGで練習しましょう。

そうすることで、あなたのドローンライフはまた一歩すすむでしょう!

するなら、 Parrot SWINGがオススメ!

 

さあ本番!MAVIC PROの実力は?

2台目、本番用におすすめなのが、

コイツ!

MAVIC PRO

細かいスペックは今回は省略しますが、

Phantomシリーズに並ぶ画像が撮れます。

4K 1200万画素。

3軸ジンバルで、画像がぶれにくい。

そして何と言ってもこれ!

折りたたみができる!

  

こんなコンパクトになっちゃうヤツが

なんと、4Kで最高な映像がぶれずに撮れるんです。

しかも、Phantomシリーズよりも安い!

129800円。

これを高いととるか、安いととるかは個人差があると思いますが、

ゴロウはかなりお買い得だと思います。

実際に手にした時の感動や、操縦した時のワクワク、そして性能は

今のドローンではずば抜けていると感じます。

MAVIC PROを手にした時の記事はコチラ!

このMAVIC PRO で、

あなたもドローンワールドのとりこになること間違い無し!!

 

<スポンサードリンク>

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まずは

練習用Parrot SWING

ドローンの楽しさを知り、


とことん練習する

ドローンにハマってしまったら、

どこにでも持って行けるコンパクトな本格派ドローン
MAVIC PROを買って、撮影を楽しむ。

気軽な場所で練習用の1台。

本番用の本格派を2台目に。

これこそ、ボクが通ってきた道であり、
かなりお勧めするドローン2台持ちをおすすめするわけである。

この記事を読んでくれた方が一人でも多くドローンに興味を持ち、

一緒に飛ばす時がくるのを楽しみにしています。

これこそ、HAVE FUNの瞬間だ!

今日の記事でもドローンのことで

なにか気になることなどありましたら、

どしどし、コメントを下さい。

親身になって相談に乗りますよ。

それでは!

また明日もHAVE FUN していきまっしょい!

ゴロウでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です