ルクソールの格安宿はここがオススメ!ボブマーリーハウスホステル!

シェアする

どうも!!
今日はルクソールで泊まった超クールな宿をご紹介!

アスワンからルクソールに移動して、私たちが選んだホテルはここ!

ボブマーリーハウスホステル(Bob Marley House Hostel)

ここは、ギザの宿の人から
「友達がやってる宿だから行くといいよ」と紹介してもらった場所。

マジでナイスな場所だった。

ルクソールに着くと宿の人が、車でお迎えに来てくれていた。
お迎えがあるなんて知らなかった笑。

到着時間なんて入れたっけ?
入れたとしても、おおよそのチェックイン時間を入力したぐらいで
この電車でアスワンから向かうなんて一言も言っていない。

こっちの人は時間が無限にあると思っている節がある笑。
とりあえず感謝!!!

<スポンサードリンク>

オーナー紹介

まずはオーナー紹介!

『たかし』
意味不明すぎた笑。なぜ?
高倉建と友達で、なんか映画にも出たとか言っていた気がする。
たかしが印象的すぎて本名は忘れた。

そして彼の英語がスーパーむずい!
基本的に5分の1ぐらいしか理解できない笑。

だから多分映画の話もそんな内容だったのだろう。
と思う。

そして彼の英語むずい問題は、この後のツアーにも影響を及ぼす笑。
それはまた紹介しますw

でもさすがはたかし!


急に果物切って食べる?って。
こんな事できる大人になりたいよねー!!

外観

場所はこんな裏道っぽいとこにあります。

▲連れて来てもらわないとわからない!

そして外観はこんな感じ。


▲ボブマーリー推し!

たかしもボブマーリー好きなんだもんな。
やっぱボブマーリーは世界中のいろんな人に愛されてるんだな。
これを書きながら『one love』とか聞いちゃうよね。

▲奥のソファ席もいい感じ!

ホステルの中

そんでロビーもイケてる!
なんなのこの絵?笑。

可愛すぎるでしょ。
とにかくカラフルで元気が出る宿!
カラフルでお洒落とかじゃないけど、味あって超よかった!

▲以外に落ち着けちゃうんだなー!

▲柄のオンパレード!w

部屋のドアはいろんな国旗が書かれてて
世界中のゲスト歓迎してます感がめっちゃ出てた。

宿に置いてあったゲストブックみたいなのにも
世界中の人からコメントが書かれてて、日本人もいっぱい来てた。

たまたま一人旅してる日本人の男の子にも会えた!
完全にルックスでこの宿選びました!って言ってたw
一人でエジプト来ちゃうんだから、そんな感性持ってるよねー。

▲部屋はこんな感じの3人部屋。
ちなみに寝ているのはアメリカ人のJOSH。

彼はたまたま一緒になった訳ではなく、遡ること二日前、
ギザで寝台列車に乗るとき、駅にいた唯一の観光客。

明らかにバックパッカーの私たちを見て、声をかけてくれた。
ジョシュは確か10日間ぐらいの旅で小さなカバン1個だけ!
旅人感が半端ない!

同じ寝台列車でアスワンへ。
アスワンでも部屋は違うが同じホテル。
そして一緒に電車に乗ってルクソールへ。

宿まだ取ってないみたいで、ここ3人部屋で一人5ドルだけどどぅ?って聞いたら
その場で5ドル渡してきて決まった笑。

最高かよってなった!

とりあえず「NICE」ってめっちゃ言ってくれる笑。
最強に良いやつだった!

まとめ

個人的な評価はもちろん良い!
決して綺麗ではないけど、1番と言ってもいいぐらい印象に残ってる。

実際の評価もめっちゃ高い!


▲booking.comで9.1の高評価

トリップアドバイザーでもめちゃめちゃ高評価だった。
やっぱ施設の綺麗さで決まるんじゃないのよね。

たかしやスタッフの人柄が出てる宿だった。

なんかゲストを繋いでくれようとする感じ。
でも押し付けじゃない感じ。

あと自作のファイルでお金説明もしてくれる。
詳しくは忘れちゃったけど、エジプトには通貨の単位が二つあるからお釣りもらう時とか
気をつけてねって説明だった。

そんな説明高級ホテルでもしてくれない。
親切な宿だったなー!!

ルクソールに泊まる方!
めちゃめちゃオススメです!!

皆さんも良い旅をー!!

ブログランンキングとか始めてみました。
良かったらのぞいてみて下さい!!

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

<スポンサードリンク>