ザ・ビ−チの舞台となったピピ島へ!ディカプリオが見た景色とは!?

4月6日 ザ・ビーチの舞台となったピピ島へ船で行く❗️

タイ、プーケット2日目。

プーケットから、ピピ島へ船で行けるという事を知った僕たちは、

ピピ島ツアーを申し込むことに!

調べていくと、

ピピ島には、

いろいろな、名所があり、

マヤベイ、カイ島、ラグーン、モンキーベイ、

などなど。

基本的には日帰りで、往復できるコースが、多く、

ピピ島に、宿泊するプランなども、あります。

今回は、日数的に、日帰りツアーに決定!

それでは、ピピ島について紹介してきます。

<スポンサードリンク>

ピピ島の中でも有名なのが、

マヤベイ(maya bey)という場所。

ここは、

あの、レオナルドディカプリオ主演の

 『ザ・ビーチ』で、一躍有名になった場所です。

映画は、見てないのですが、

ミーハーな、僕たちは、

『やっぱり、そこは行かなきゃ❗️』

ってことで、決定!

もう一つ、ラグーンというところが、

絶景とのことだったので、

その二つが、入ってるところを探してみることに!

そして、

大事なポイント❗️

マヤベイは、ほとんどのツアーに含まれてるのだが、

①上陸するか

②海から眺めるか。

この2択があることに気づきます!

やっぱり、上陸しなきゃ!って、

ことで、『マヤベイ上陸&ラグーンコース』に決定!

ネットで、さらに調べてみますと、

沢山ででてきます。

上陸するかしないかで値段も違ってくるようで、

通訳付きの日本人経営者がやるツアー

なども、2000〜3000バーツ(6000〜10000円ほど)ほどであります。

通訳なしで探してると、マヤベイ上陸&ラグーンコース1800バーツまで見つけられたので、

ここに申し込もうと思ったのですが、、、

よくよく考えると、

現地の人のツアーに交渉した方が安くなるんじゃないか?!

ということで、

ホテルの下にある、

ツアーコーナーに行ってみることに。

IMG_5081

こんな感じで、

街にはそこら中にあります。

そこでの値段は、

3300バーツ(10000円ほど)。

高い!!

これは、交渉の余地あるなと思い、

1800バーツ以下にしたかったので、

他で1500バーツだったから、安くできる?

と交渉すると。

困った顔をしながら、

1500バーツOK!

おぉ、下がるねー!

再度、交渉。

日本語通訳付きで1500バーツだったけど、

ここでは、通訳つくか?

と聞いてみると、

付かない、と。

それなら、

もうちょっと安くしてよと、伝えると、

ピピ島入園料金なども、含まれてるから、

それ以上できないと。

結局、1500バーツ(4800円ほど)になりました。

まぁ、上出来でしょう。

さて、前日に申し込み、

ついに、出発当日。

朝、7時30分集合です。

朝が苦手な僕たちには少々つらいのですが、

良い眺めを見るために、我慢です。

まずは、

ピピ島へ出発する、船乗り場まで、

IMG_4861

車で1時間ほど行きます。

港に到着すると、

IMG_4876

朝から、物凄い人だかりが。

これもしかして、

全員、ピピ島に向かうかと思うと、ゾッとします。

代表者のような人が大声で、こっちに来いと、

呼び、①番のシールを貼られます。

IMG_4869

IMG_4879

ここにいる人たち、ほとんど、

①番です。

なかなか多いなぁ。。。

さて、

集合がかかり、

説明を受けます。

IMG_4882

半分何言ってるかわかりません。

とにかく、

IMG_4874

フィンが欲しい人は100バーツ(320円ほど)払えと。

2人とも泳げるので、

パスすることに。

IMG_4885

そして、舟に乗り込みます。

今回は、スピード舟というやつらしく、

かなり、早いらしいです。

全員乗り込むと、ぎゅんぎゅんです。

IMG_4885

この中心の人が代表者、『サン』です。

かなり、テンション高めの、元気ハツラツ体育会系です。

わりと、乗客との、温度差ありです。

それでもめげず、

彼は説明を続けます。

そして、

出発です!

IMG_4888

おぉー、かなり、早い感じです。

聞いてた通りのスピード感、気分爽快!

No.①の僕たちの舟に続き、

IMG_4889

後続船が、やってきます。

そして、50分ほどすると、

マヤベイに到着!

IMG_4892

やっベーーーーー!

これは、

ヤバイです。

マジで、綺麗です。

IMG_4895

ザ・ビーチの世界がそこに広がっていました。

興奮する、

乗客と、僕ら。

早く上がりたいなと、思ってたところ、

IMG_4941

よーく見ると、めっちゃ人いるー(°_°)

ピピ島はすでに超人気観光地になっており、

見渡す限り、人!人!!人!!

IMG_4935

ザ・ビーチならぬ、ザ・ピープルです。

海一切見えない。笑

それでも、場所を移動し、

IMG_4920

IMG_4897

良い写真も撮れました。

IMG_5122

IMG_5109

気分はディカプリオです。

IMG_4916

ついついはしゃいでしまう僕。

お次は、ラグーンビーチです。

ここは、絶景が取れる有名スポット。

IMG_4953

ここも、ヤバいです!

IMG_4962

これぞ、エメラルドグリーンと呼ぶにふさわしい海。

IMG_4958

波がなければ、そこが見えるほどの透明さ。

IMG_4969

お次は、分かりにくいですが、

IMG_4972

こんな場所です。

鬼が島みたいな雰囲気です。

IMG_4978

鬼が島を後にし、お猿さんがいるモンキーベイに。

IMG_4948

ネコちゃんも海に見とれております。

IMG_4982

たくさんの猿がお出迎え。

しつけもされているそうです。

サンがお水を投げるとおいしそうに飲んでおりました。

猿ものどが乾いてるんですね。

IMG_4945

移動合間に、サンと一緒にパチリッ。

次はスキューバスポットに向かいます。

IMG_4976

なぜか、自分だけ、救命胴衣を装着し、

IMG_5103

ダイビング開始です。

魚も人懐っこく、近づいてきてくれます。

IMG_5142

こんな真横を通っていきます。

なんて言う魚だろう。。

IMG_5152

さて、次のピピ島中心部に向かいます。

IMG_5138

↑ちょっかいかけてくるオレンジマン

IMG_4992

ピピ島中心部に到着です。

IMG_5029

ボートの数もすごいです。

IMG_5030

     ここで、遊び疲れたところで、

IMG_5005

ご飯です。

IMG_5021

バイキング式になっており、お腹いっぱい食べれます。

今回のツアーに含まれています。

食べ放題は嬉しい!!

IMG_5001

右に写ってる生姜焼き的なものがもの凄くおいしい!

ビーフンはあいかわらず、細すぎて

水分奪われます。

IMG_5015

ご飯をたべる場所もすごく眺めが良いです。

IMG_5022

浜辺から3分ほど歩くと、

IMG_5024

宿泊施設も道なりにたくさん並んでおります。

次は、島で1泊2泊とかも最高です!

IMG_5052

最後の島、カイ島に到着!

ここも、かなり、ヤバめです!

IMG_5051

周囲がすごく小さく、歩いても回れそうな雰囲気。

砂浜が、円形になってるのが特徴。

 亀仙人ハウスのちょっとでかくなったバージョンですね。

IMG_5119

ベンチに座って良いよと、サンが言うので座ってみると、

150バーツ取られました。。

やられた。。

IMG_5113

ここは遠浅になってるので、

浜辺から、何十mか歩けます。

IMG_5141

さて、遊び疲れた所で、帰宅の時間です。

IMG_5067

今日1日がんばってくれたサンに、チップをあげる時間です。

やたら、僕たちのことを気に入ってくれてたので、

僕たちも100バーツあげました。

ピピ島を後にし、

最後はプーケットの地元民が集うところで、ご飯を食べて

IMG_5080

おやすみなさい。

現地でお得な情報調べるならネット環境は必須!

>>タイに行くなら知っておくべきWi-Fi事情!![モバイルWiFi紹介]

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です