軽量ドローンParrot Swingの羽の紛失に注意!取り替え方法も教えるよ!

シェアする

【ドローンスタート】

先日、ドローン2機
(Parrot SwingとMAVIC PRO)を持って、
海に遊びに行きました。

その時の記事はこちら。
http://yujinagaya.com/archives/3347

風が強い日だったので、
軽量のParrot Swingは風に流され
コントロールが難しく、

危うく海に落ちそうになりました。

水没は、まぬがれましたが、
羽を紛失しちゃったんです!

その時、羽を取り替えて、
大事な事に気づけたので、
お伝えして行こうと思います。
<スポンサードリンク>

どこの羽がなくなったか

左下の羽がなくなりました。

砂浜に逆立ち状態で落っこちました。

慌ててひっくり返して、持って歩いていたら、

羽がない事に気づいたんです。
     
▲このピンクの◯の部分の羽が無くなりました。

振り返っては見たものの、
どこで落としたかが分からず、

行方不明になってしまいました。

なので、

ぶつかったときや
ひっくり返ったときは、

その場で、羽があるか必ずチェックしましょう!

替え羽の付け方

なくなった羽は替え羽として売ってますが、

Parrot Swing 本体にも初めから計4枚入っています。


▲こんな感じの箱に入っています。

Aの方は1枚使ったので入っていません。

今回の無くなった左下部分の羽は、

この『A』の羽を使って下さい

初め、気にせずに色だけ合わせて付けたのですが、

きちんと正しい羽をつけないと離陸してくれません

正しい配置図

このような配置になります。

 まとめ

①軽量のドローンは風に流され安いので、
遠くまで飛ばさない。

②落ちたときは、羽があるかチャック!

③羽を替える時は位置に気をつける。

以上のことが今回の失敗でわかったので、

みなさん、ドローンを飛ばす時は注意して飛ばしましょう!

それでは、また!

明日もHAVE FUN していきまっしょい!

ゴロウでした。

<スポンサードリンク>