[営業のコツ]自己紹介でのアイコンタクトで、お客さんの心をつかむ!

シェアする

アイコンタクトって、人とのコミュニケーションを、スムーズにするために、
みなさんもご存知のようにとっても大事なんです。

今回はそのアイコンタクトについて細かく取り上げていきたいと思います。

アイコンタクトで得られる3つの効果

①信頼感が生まれる
②自信が伝わる
③相手が何を考えているのかがわかる

以上の3つの効果があるんです。

それでは、
1つずつお伝えして行きますよ!

<スポンサードリンク>

①信頼感が生まれる

アイコンタクトでまず、大事なことは、
相手に安心感を持ってもらい、
信頼してもらうことです。

人と話すときに、目を見て話せる人もいれば目を見るのが恥ずかしいという方もいると思います。

それが、仲の良い友達だったり、家族だったりすれば、どうでしょうか?
多くの方が、相手の目を普通に見ることができると思います。

しかし、相手が初対面の人だとしたら。付き合いたての彼女だとしたら。。。

恥ずかしくて目を見れないって人もいるんではないでしょうか?
それは、恥ずかしいという気持ちと、自分の自信のなさからくるものです。

嫌われていたらどうしようとか、
自分のことどう思ってるんだろうと、

相手が考えてもいないネガテイブなことを勝手に想像してしまうからです。

目が合うことによって、何か言われるんじゃないかという不安があります。

なので、目をしっかりと見ることができないのです。

相手は自分のことになど、ほとんど興味なんて持っていません。

あなたのことが嫌いだとか、怪しいとか、
全く思ってないことがほとんどです。

逆に目を合わせないから、怪しいとか思われてしまうのです。

なので、相手が考えてることなんて無視して、
まずは相手の目をしっかりと見ましょう

もし、見れないのであれば、鼻の上や、
鼻を見ることで、目線を相手に送ることはできます。

体と、目をしっかりと相手に向けて、
堂々としましょう。

そうすることで、相手に信頼してもらうことができます。

②自信が伝わる

相手の目を見ることで、驚くほど自信が伝わります。

これは、伝える内容が信頼性があるかどうかよりも、
目を見ることの方が、
ずっと信頼が伝わるためです。

メラビアンの法則といって、

見た目55%、声やトーン38% 、伝える内容 7%と、

見た目が大きく占めているんです。

それだけ、視覚から入ってくる情報は大きいのです。

もし、目をしっかりと見れないとか、キョドキョド目が泳いでいたら、、、

この人は、やましいことでもあるのかなとか、自信のない人だなとか、
思われてしまいます。

相手をしっかりと見ることで、
自信がつたわり、相手にも信用してもらえるようになるので、

目を見て、堂々とすることが大切です。

③相手が何を考えているかわかる

お客様と話していて大事なこと。
それは、お客様の考えてることを理解すること

これ、とっても大事です!

お客様の考えてることがわかれば、
しっかりと共感して、こちらの提案を進めていけば良いわけです。

その時、アイコンタクトが必ず必要になります。

お客様が、何を考えているのかを、
目の動き口の動き表情など
1つ1つをしっかりと見ることによって、

お客様が何を考えているのかがわかってきます。

初めは見るだけでいっぱいいっぱいだと思いますが、
慣れてこれば色んな情報が入ってきます。
お客様を見ることで、不安に思ってるなとか、喜んでくれてるなとか、
こんなところに興味がありそうだなと、

お客様の心が細かく読み取れるようになってきます。

お客様をしっかりと観察して、
お客様が何を考えているのかじっくり考えてみて下さい。

そうすれば、
かならず、心が通じ合うでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はアイコンタクトについてお伝えしてきました。


・信頼感が生まれる

・自信が伝わる
・考えていることがわかる

以上の3つのことがアイコンタクトすることによって、できるようになります。

ぜひ、試してみてください。

それではまた!

明日もHAVE FUN していきまっしょい!

<スポンサードリンク>