ゴロウのプロフィール。子供時代から僕がこれからやりたいことまで。

引っ込み思案なのに皆勤賞を取ってしまった小学校時代。

愛知県幸田町に男三兄弟の次男として生まれる。
学校まで4キロ、歩いて1時間の超田舎で自然に囲まれて育つ。小さい頃から、引っ込み思案で自分の主張が全然ない子だった。兄が外で秘密基地をつくるぞ!と意気込んで誘ってくるが、家でゆっくりとしていたいタイプだった。

スポーツは好きで少年サッカーに入っていた。あとはそろばんとスイミングスクールに通い、勉強もスポーツもわりとできる方だった。

学校が大好きってわけではないが、疑うことを知らない素直な性格だったので授業中に嘔吐しながらも皆勤賞を取る根性を見せる。6年間皆勤したら父から1万円をもらえるという約束でなんとか持ちこたえた。ちなみに兄は6年間半袖半ズボンで通う、違う意味でタフなタイプだったw

何かを集めるということが好きで、キョロちゃんのグッズ集めとなぜか欲しくもないクラシックのCDを30巻くらい買い続けた。父が「クラシックに興味を持つことはいいことだ!」とお金を援助してくれたからだ。しかし、そのお金は僕が皆勤賞で獲得したお金だった。

引っ込み思案ながら、なぜか彼女はいた。

卓球にどっぷりハマった輝かしい中学校時代。

中学校から、兄の影響で卓球にハマり始める。校内でも朝一レベルに早く学校に行き、朝練はもちろん。帰ってからも壁打ち、サービスの練習をし、休みの日も近くの卓球道場に通いつめていた。

2年生の途中から部長を勤め、ほんとに卓球バカだったと思う。兄の世代が全国に一歩届かずというところを見て育ったので、それを追い越すぞと頑張った。町内では1位だったが、県大会にも出ることができず、無残な終わりをとげる。

卓球にも打ち込んでいたが、勉強も学年1位を取ったり、生徒会をやったりと超王道を突き進んでいたと思う。

このころテレビ番組「進め!電波少年」の猿岩石のヒッチハイク旅に夢中になる。世界に広がる自分の知らない世界。危険と隣り合わせの中、挑戦し続ける姿に憧れる。当時の夢はヒッチハイクで旅をすること、世界一周をすること、学校の先生になることだった。

 

地元から離れ、個性に埋もれ、落ちこぼれる高校時代

▲一番左。

小学校・中学校と田舎ですくすくと育ち、順風満帆な学生生活を送っていたのも束の間。高校からは知らない人ばっかりに囲まれ、表舞台に立つことがめっちゃ減りました。個性の強い友達に埋もれ、さらに目立つこともない3年間だった気がします。

卓球も中学ほどの熱量が入らず、なんとなく過ごすそんな毎日が続いていました。

それでも3年最後の体育祭のリレーで学年代表で1位を飾り、彼女もできるいい感じのフィナーレを迎えた。

それにしても、白すぎだろw

 

旅とファッションにハマった大学時代

大学に入ってからはバイトに明け暮れる毎日。夜の居酒屋で働き、帰りの自転車で漕ぎながら寝てしまって、ガードレールにぶつかった時はなぜかガードレールに逆ギレしてた。

ガッツリ働いて得た10万円を給料日に全額下ろし、服に時計に靴にファッションに使いまくる。
昔から自己主張がない性格だったので、オシャレをすることで自己表現をしていたのかもしれない。

旅にどっぷりはまり始めたのもこの時期。青春18切符や車で寝泊まりしながら全国色々回った。大きくやり残したこともなく大学時代が終わってしまうのも嫌で、何か挑戦しようと思い、ヒッチハイクで日本縦断をする。

パーキングエリアでテント張って寝たり、公園でテントを張ったりと、なかなか攻めてたなと思います。

 


東京での世間の冷たさを実感し、北海道での人の優しさに触れ、いろんな方との出会いがあった。そして結局、人の心を動かすのは自分次第なんだと身をもって知る。

この時に挑戦する心、諦めない精神は今でも体に根付いていると思う。

しかし、就職活動に関しては、あまりうまくいかず。昔からやりたかった、教師を目指し直す。教職の資格を取るために、さらに2年間、大学に通うことに決めたんです。

 


この頃から、イベントを開くことにハマる。たくさんの友人を集め人と人を繋げる楽しさ。ホスト側になることの大切さを身を以て知っていく。

何かを作ることの楽しさ、集団の中心に自分がいて、感謝されることがとにかく気持ちよかった。

 

就職活動と夢であった先生に

この時は、友達もみんな就職してたから、取り残された気持ちで辛かった。それでも無事、資格を取って、教師になることができました。

中学からの夢であった、教師になること。部活動と、授業などで、一緒に青春して、子供に夢を与えることができてすごく楽しかった!

しかし、初めての社会人生活とハードワークで身体も崩壊寸前だった。このまま、一生この仕事で終わるのも、なんか違う。夢を語る前に、自分が夢を叶えてないのも、ダサい。

人生一回きりなら、もっとデカイことしたい!

そう思って、お金も時間ももっとたくさん自由のきく自分でありたいと思い、独立目指して一般企業で働くことに。

 

建築会社で勤務

社長になってみたいけど、何をするよ?って自分でひたすら、考えました。あと、本もめっちゃ読んだ。

どうせなら、自分が好きなことを仕事にしたいって思ってたから、デザイン系に興味があったので、デザインで探してたところ、ファッション系か?建築系か?他に何かあるかなーとか色々考えた。

そこでインテリアデザインなら、大学に通わなくても、経験があれば、試験に受かるだけでインテリコーディネーターの資格が取れる!そう決めて、建築会社で働くことに。

営業事務として、まずはスタート!来てくれたお客さんの接客や、パソコンのデータ入力。後は、大工さんのお手伝いで、現場の片付けや、資材運びなどもやった。しまいには、ゴミを燃やすだけの焼却炉係をやったんだけど、そん時は、俺はマジで何のために生きているんだってずっと思ってたw

この時に、自分が運転するトラックを同僚の車にぶつけて、フロントガラス全損したり、軽トラで砂を運ぶ時に、過積載で出発したら、クラッチを焼いちゃって、車をダメにしたりと、総額何十万と被害を生んでいた!

今思うと、本当にクソなやつw
(許してくれた社長、本当に感謝しておりますm(__)m)

だけど、その割に独立するという夢は持っていてw 社長に、『独立したいから、営業の仕事とか、もっと教えて欲しいです』って伝えたら、『独立したいってやつに、うちの会社の大事な情報を教えるわけにはいかない』って言われ、途方にくれる。。。

入社する時には、独立をすることも伝えたし、了解してくれてると思ってたのに、「何でだ?!」ってずっと思ってた。

 

だけど、自分が社長だったらどうするか?って考えた時に、やっぱり同じことをするのかなと気づいたんだよね!この時、社会の厳しさってものを実感しました。

でも、ココで諦めるわけにはいかない!

どうしよう?どうしよう?と考えては、ハローワークをめくり、
やばいよ?やばいよ?と思っては、転職サイトを見る毎日。

今なら、ストレングスファインダーとかやっときゃよかったとマジで思う。

自分の強みを知る!ストレングス・ファインダー(STRENGTHS FINDER)2.0。

2017.08.08

けど、当時知るわけもなく。。そんな時に目に飛び込んで来たのが、

 

『果物の広告、宣伝業務の仕事をして、独立を斡旋しますよ!』という会社だった。

くだもの訪問販売

果物の訪問販売で独立できるって何それ?怪しい!けど、気になる!しかも、海外研修とかある?何それ?

とりあえず、怪しいけど、独立できるんならいいやんってことで応募することに。
そしてすんなり入社することに。

入ってみて、びっくり!ココは固定給なしの、完全歩合制。実力をつけていけば、独立して、お店が持てるという斬新な会社だった!

周りは意識が高いメンバーばかりで、逆に意識の低い人や、歩合は無理だって人は2日で辞めていくというシビアな会社だった!

僕は気づいたら完全歩合の会社、つまり

個人事業主として、働くことになっていきました。

自分は知らず知らずのうちに、従業員という環境から、個人事業主という環境で働くことになったんです。今思えば、バカな自分がすごくありがたくも思えるw

仕事内容は、朝7時から働き、夜中も2時まで果物を売り歩く日々もあったり、朝や夜や、休みの日に、営業のスキルの勉強。経営者としての習慣をひたすら勉強する毎日。

はじめはマジで考えられなかった環境だけど、自分の感覚も麻痺してたから、頑張れた気がする笑

僕は、厳しい環境だけど、コレをかけ登れば必ず良いことが起きると思い、毎日勉強しまくった!勉強といっても、ココでの勉強は、全てが実践。頭で理解するのも必要だけど、それ以上に体に叩きつける感覚。スパルタを超えたスパルタだった。

例えるなら、自らムチと飴を持って、ひたすら、自分にアメとムチを交互に与える毎日。売れなければ収入はない。それなら、勉強するしかない。勉強といっても、目の前にいるお客さんとの真剣勝負!

売れなければ、その日の給料がない!一瞬一瞬が常に生死を分ける毎日だった。

こんな具合に大変なこともスゴく多かったけど、ココで学んだことが今の全てにつながっている。この時の仲間と社長には、本当に感謝している。

世の中でよく言う、お金。時間。人。の大切さを学んだ。それ以外に、熱意。準備。働き方。マーケティング。モチベーション管理。人生の方向性。自己管理。など。たくさんのことを実践から学んだ。

 本では、勉強できない。誰かに教えてもらっては体にしみつかない。一番大事なのは、

自ら行動し、たくさんの失敗を重ね、考え直しては行動の連続

コレがなかったら今の自分はないと確実に言い切れる1年半をココで過ごした。

僕はここで、経営者としてと8つの習慣。営業の5つのコツを得ることができた。

良い経営者の習慣『8ステップ』〜人生を成功に導くヒントとコツ8選〜

2017.06.22

営業の基本とコツが一目でわかる5ステップ!もう向いてないとは言わせません。

2017.06.13

 

しかし、結局、僕はココで社長になると言う夢を叶えることはできなかった。体力的に限界を迎えていた。
(いつも体力の限界が訪れるから、自分の課題はココですw)

 

この時は辛かった。独立を支援してくれている会社で、独立ができないなんて、これからの人生は真っ暗だ。
残ったメンバーは、夢に向かって駆け上がってくんだろうなぁ。

と、完全に敗者気分になっていた。

そんな時、挫折している自分を救ってくれたのは、果物時代に得た経験と、一緒に頑張っていた仲間という存在だった。

 

訪問営業で得た知識と、仲間と一緒に

独立という夢にやぶれて、もはや死人状態だった僕。大阪の道頓堀の川沿いで、抜け殻のようになって、遠くを見つめていたのは今でも覚えている笑。 そんな時に、救ってくれたのは、一緒に頑張っていた仲間という存在だった。

僕の瀕死状態を心配してくれた元果物時代の仲間が、僕に電話で名古屋で会おうよと言ってくれた。

そして、久々の再会をする。幸せそうなみんなと、げっそりとなった自分。身体も精神もけっこうやばい状態だったけど、楽しそうにやっている仲間を見た時には何だか心が安心した。

そして、一緒にインターネットの訪問販売をして頑張ろうと思い、
仲間が立ち上げた会社の中で再度、個人事業主として働くことになる。

初めは、相変わらずのダメ男状態で、やる気はあまりみなぎってなかった笑。コンビニで、座って寝てしまうこともあったし、金魚のふん状態で、先輩について回るという状態。とても、独立心のある人間には見えなかったと思う。

それでも、しばらく働いていくうちに、もともとの訪問販売で得た、営業スキルやコミュニケーションスキル、成功者の習慣を元に、この仕事で開花することができた。

過去の貧乏時代から、少しずつ脱出していくことになる。ちょうどその頃、今の嫁ジュリとも知りあって、出会って2日で、一緒に世界一周しようって話で、仲が急接近する。

2人の馴れ初めはとりあえずどうでもいいと思うので、置いといて笑、、
(こんなこと言うとジュリに怒られるか笑)

僕はこのネット販売の仕事で、今までにしたかったけど、でき

なかったことがたくさんできるようになった。

大好きな靴をお金を気にせずまとめて買う。ずーっと欲しかった高級時計、タグホイヤーのカレラを買う。友達と海外旅行に行ったり、うまい寿司や、焼肉や、うなぎも食べまくった。

果物時代では考えられないようなやりたいことを次から次へと叶えていくことができた。

仕事も順調だし、
やりたいこともできるし、
彼女もできたし、

毎日が楽しくてしょうがなかった!そして、コツコツ貯めた貯金で、世界一周に行くことになる。

 

(世界一周は、他の記事に書いてあるので、一旦置いておいて、、)

この仕事で、得たものがまた一つある。

果物時代とは違って、頭の回転がすごく早くなったということだ。

果物時代では、ノリだけで乗り切ってきた感がすごくあった。独立するぞーって意気込んでいたとしても、周りから見ればただの八百屋の兄ちゃんだしね!それが、インターネットの営業って、ちょっとかしこまった感じになるんですよ。だから、すこーしだけかしこまって仕事をしてた。

あと、果物は、500円から数千円ぐらいで買えるから、お客さんもそんなに考えなくてもいいので、すぐに買ってもらえる。反対にネットの販売だと、一応、家のことだから、少しは考える必要がある。

なので、お客さんに、

いかに安心感を持ってもらうか。
いかに理解してもらうか。
メリットを具体的に伝えるにはどうしたら良いか?

など、頭を使う部分が、以前の仕事よりも考える時間が多くて面白かった。

自分のしたい方向へ進めて行くためには、誰かを喜ばせる必要があるということをカラダで体験できるようになっていった。

果物時代では、自分のことで必死すぎて、そんなことは考える余裕すらなかった。だけど、自分の欲が少し満たされ、お金もちょっと余裕ができたことで、世の中の仕組みが少しずつ理解できるようになってきた。

そんなこんなで、営業のスキルもグンと上がり、気づけばたくさんの後輩ができて、教える側になっていた。自分が所属してる会社の中でも1番をとったし、会社単位では、東海圏内で1番というところまで行くことができた。

何でこんなに良い成績をおさめることができたか?

それは、

・みんなで一緒に楽しむために働いて、そのために自分のやるべきことをみんながやれていたから。

・個人事業主という個々の集まりの中で、みんなが同じ方向へ向かっていたから。

コノ感覚を得られたことは、ものすごく大きかった。

よくある会社って、上の人だけが会社のために働けていたとしても、下の人たちは、会社のために働けてないことが多いと思う。
(そうじゃない会社もあるが。)

そんな集団とは違って、

それぞれが自分のために頑張れて、
それがみんなの求めてるもので、
なおかつみんなで一緒に過ごす時間が楽しい!
それが会社全体として、同じ方向へ向かっている。

お金も、経験も稼げるし、何よりアツイ仲間が集まっている。そんな最高な会社だと思う。

ただ、僕はこの仕事から、離れます。

なぜか?

そんな最高の集団の中で働けていることがとても幸せだし、やめるということも、理解してもらえない人もいると思う。

でも、僕はまた、一つ大きなステップを踏もうと思います。

 

夢だった世界一周を実現。

夫婦で半年間の旅に出る。アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニアと、計22カ国を巡る。そこで出会った人々や、出来事に影響を受け、新しい価値観、これからの人生の過ごした方について、考え直しました。

僕は12月から南の島を巡って、島国の持つ良さと、自分にとっての心地よい場所を探しにいきたいと思います。

急に何で???って感じですよね笑

そして、自分が目指すのと同じように好きで生きていける人を少しでも増やしていける生き方をして行こうと考えています。何でこんな無茶な、謎なことをするのか?そう思う方が多いと思います。

その理由は、

1つ目

僕は世界一周旅行後に、お金やモノにこだわりがなくなってきてしまい、自分と向き合える、居心地の良い場所を見つけたいと思ったから

2つ目

僕は今までお金のために人生の大半を使ってきました。1日8時間お金のために週5で働き、残りの2日でなんとなく欲しいもの、なんとなく過ごす時間に費やす毎日。そんな自分の人生をやすやすと過ごす毎日を変えたいと思ったから。

3つ目

どうせ生きるなら、自分の好きなことをして、人に役立つサービスや情報を発信して、生きていきたい。と思ったから。

これからの時代、こんなふざけた生き方が可能な時代になってきてるし、自分の実体験やたくさんの情報、直感を信じると、そこに到達するんです。だから、これから共感してもらえる人たちを増やして、その人たちの手助けになって生きたい。

それが今の僕のやりたいこと。

正直言って、けっこう無茶なことも多いです笑

お金の面、生活の面、将来の面、周りの声など、

色々と考えることもあるけど、考えた結果の行き着いた先がコレだったので、やるしかない笑

やって後悔なし。やらずに後悔あり。

だから、僕はこれからも突き進みますよ!

僕がこれからやっていくこと。

・自分の好きなことをしまくる。それをブログなどを使いガンガン発信していく!
・好きを仕事にしてる人をインタビューして、そのコツや、アドバイスを発信する。
・ドローンで最高の景色を届ける。
・夫婦での生き方を考えて発信していく。

こんなところです。

僕の想いや、行動にもし、共感してくれる人がいれば、ぜひコメントお待ちしております。
Facebookや、ツイッターなどでフォローして頂けたら嬉しいです。

みなさんで、これからの日本と世界が好きで溢れた世界になるように、少しずつ前に進んでいきましょう!

これからは、自分が遠いと思っていた夢・思い描いているライフスタイルを実現できる人が少しでも多くなるように、自分たちの経験を生かし、日々奮闘中。

具体的には、営業セミナー、世界一周セミナー、ブログなど、自分が経験したことがコンテンツになっていくライフスタイルを送るための毎日を送っていきます。

今後の夢・目標

綺麗な海の見える別荘を買い、海に沈む夕陽を見ながら仲間と最高の時間を過ごす。

気の合う仲間とイビザ島でパーティーをする。

両親と一緒に、スイス、スペイン旅行にいく。

宇宙旅行にいく。

日本一周キャンピングカーで回る

子供と一緒に世界を巡る旅に出る。

本を出版する。

綺麗な景色の見えるところでゲストハウス経営
ロンサレム島でやりたい!

年収1億円稼ぐ。

気の合う仲間とやりたいことをやりたい時に、やりたい規模で、やる!

1人でも多くの人が、自分の夢を叶えられる社会にするため、自分のできることをしていく。

 

 

最近、macbookおじさんになって、人に何かいい影響を与えれるとすっごい気持ち良い
と感じたよ。

僕がMacBookおじさんになる理由。誰か1人にマックをプレゼントすることにしたよ。

 

人生の転機、世界一周ブログはこちら。

念願の世界一周半年間の旅!ついにスタート!!

<SPONCERD LINK>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です